設計士と作る プランニングから現場管理、お引き渡しまで

プランニングから現場管理、お引き渡しまで
家づくりのプロの設計士がお客様を徹底サポート。

チタコーでは、家づくりの指揮をとるのは設計士です。最初の出会いからお引き渡しまで、一人の設計士がお客様と一緒に家づくりを進めていきます。この理由は大きく3つあります。

理由その1お客様の希望がダイレクトに反映できる

ハウスメーカーなどでは営業マンがお客様から要望を伺い、それを設計士に伝えてプランをつくる方法が一般的です。しかし、それでは時間がかかる上、もし伝達の仕方が悪ければ、お客様のイメージとは似ても似つかないものが出てきてしまいます

直接お話しする者が、図面を引くのが一番。チタコーではそう考えています。

理由その2現場での仕様決めや変更の際もスムーズ

ずっと現場を設計士が見ていますので、その場での仕様決めや変更がスムーズです。平面図で見ている時にはわからなかったことが立体になることで、お客様がより実感しやすくなっています。

その場で見て、希望を言って頂けるので、納得しながら家づくりを進めることができます。

理由その3グレードの高い家が出来上がる

お客様からのワガママな注文に、燃えてしまう設計士の性(さが)。設計士からの難題に、燃えてしまう職人の性(さが)。熱い思いがぶつかり合って、切磋琢磨しながら建てる家は自然にグレードが上がっていきます。

家はプロの集団が建てるものだから、設計図を描いた人間が指揮をとる。それがチタコーの常識です。


 設計士はこちら