賃貸住宅での騒音問題:賃貸ならではのお悩みと解決方法

賃貸住宅での騒音問題

賃貸集合住宅には音の問題で悩まれている方も多いかもしれません。

となりの部屋がうるさいとか、自分の子供の足音は大丈夫だろうか?とか、音を出す方も聞く方も悩んでしまいますが、それでいて完全に解決が難しい問題です。

その騒音にも種類があり、大きく分けると以下のような分類があります

建物の構造系
カーペットで防音壁や床が薄く、音漏れが激しい建物の場合です。こういうタイプは普通に生活していても響いてしまいます。 築年や建材によって違いますので入居前に確認しておくことやお互いに配慮することが基本です。 対策は防音素材のカーペットやスリッパを使用するなど。
パーティ系
パーティによる騒音パーティ系は過失が明らかです。 度が過ぎる場合は管理者へ連絡し、ピンポイントで注意してもらうことで直るケースが多いです。 自分で訪問すると思わぬトラブルになることがありますのでくれぐれも注意してください。
無自覚系
いびきによる騒音自分が音を出していることに気づいていないタイプです。 転居直後でわからなかったり、自分の足音に対して気づかないことがあります。 中にはいびきがうるさいとの声もあります。 こういう場合は管理者からお手紙などで対応してもらいましょう。
設備の不具合系
設備による騒音ドアの音がうるさい。配管から変な音がする。など設備に異常がある場合の騒音です。 小さな変な音でも情報があるとオーナーさんは修理の目安とできるのでありがたいことです。 変な音、異常な音、建具の不具合などは管理者へ連絡し、修理をしてもらうことが解決方法となります。
過剰反応系
過剰に音が気になる小さな音が過剰に気になってしまうタイプです。 周りにこのような方がいらっしゃる場合は、管理者へ相談し間に入ってもらい解決していくことをオススメします。

音の問題は感じ方に個人差があるのでデリケートな問題です。

お互いに気を付けて快適な空間をつくることや個人だけでなく管理会社、オーナーとともに対策していくことが必要です。

また、音に関してマイホーム建築を期に解放された方もいらっしゃいます。

特に高気密高断熱のお家は外部からの音がとても静かです。

ついつい子供の足音をきつく注意して言い過ぎたかな?と悩んでいる方、実質負担が家賃と同じぐらいでさらに心の余裕が生まれる住宅はいかがですか?

マイホームのリビングで走り回るお子さんの笑顔って素敵なんですよね。

一度、モデルハウスにて体験してみてください。

まずは下記フォームにてご予約ください。専門スタッフがご説明いたします。

※お家賃等も参考に教えていただければそれに合わせたシミュレーションも可能です!