「ひろい」が「いい」だけではない?

家は広い方がよいという方は沢山いらっしゃると思います。

大きなお家と大きなお庭なら、家族や仲間とプールやバーベキューなど出来ることが増え、広さと言うのは大きな魅力の一つです。

しかし、我々はちょうどよい、使い勝手のよい広さというのも一つの魅力であると考えています。

例えば、広すぎて無駄に掃除に時間を奪われるのではなく、ちょうどよい広さで掃除に使っていた時間も活用出来たらいいですよね。

今の時代は様々なモノの小型化やデジタル化が進み、さらには収納設備の性能も進化しました。

最近ではシェアリングサービスも普及し、持たなくても豊かな生活ができる環境もあります。

またインターネットの普及により様々なモノの多様化が進み、“住”に関する考え方も多種多様になりました。

いわゆる「皆が想像する憧れの生活」が一つではなく、個人ごとに様々な形へ変化しています。

たとえ「コンパクト」な生活だとしても、「自分らしさ」の重要性が増してきたと感じます。

コンパクトな生活の中にも自分の趣味を取り入れたり、ちょうどよい広さなのでお手入れがしやすく時間を節約できたり、固定資産税やメンテナンス費を抑えられるので他の部分へお金を回したり──

コンパクトになることで様々なメリットがあり、そこに価値を感じ選ばれ始めているのも納得できます。

今までの価値観だけを押し付けるのではなく、あなたにとってちょうどよいものを選ぶことが、とても重要なことです。

チタコーは「家」というより「くらし」を提供しています。

そこに住むことでお金に困らなかったり、素敵なインテリアを手に入れられたり、豊かなくらしを提供し体験していただくことが当社のミッションです。

広さ=豊か・幸せと決めつけるのではなく、本当に幸せなくらしを納得して選択できるよう誠心誠意ご提案させていただきます。