実務の現場から「空室より厄介な滞納問題」

大家さんを悩ます問題は様々あります。

その中の一つに「空室」問題がありますが、こちらは簡単とは言いきれないものの努力次第で解決できます。

しかし、家賃の滞納リスクは問題が複雑である上に、完全にゼロにはなりません。

  • 部屋は塞がっているのにお金を払ってもらえない
  • 追い出すにも費用がかかる
  • 滞納者とのやり取りで精神的にも負担がかかる

など、空室より厄介な問題です。

最近では保証会社の利用する方も多くなっていますが、手間を考えると「滞納=ゼロ」ではなくマイナスです。

賃料督促の実務

世代別によく見られる事情と対応方法をご紹介します。

20・30代の場合

収支のバランスがほぼ崩れています。

  • 想定以上に生活費がかかってしまって払えない
  • 身の丈以上の物件を借りてしまった

など、お金の使い方の基本が身についていない方が多いので、待っていても滞納状態はずっと続きます。

早めに引っ越しを誘導していく方が無難です。

40・50代の場合

  • 介護や子どもの教育費にかかってしまった
  • 転職が決まった

など、落ち着けば支払いが改善されることもあります。

60代以降の場合

年金を受給しているけれど、生活していくには足りないというケース。

もう新たに収入が増えることもあまりないので、生活保護を受給するよう促したり、安い物件に引越してもらうのが解決策です。

実務的に滞納者の初期対応で大切なことは、「なぜ滞納になってしまったか」ということを聞いてあげることです。

滞納者たちは「転居するのが面倒」とか「引越し費用がない」という理由で、このまま住み続けるための言い訳をしてきます。

しかし長期的に考えれば現段階で転居した方が、借主にとっては良いと判断できることの方が多いので、その判断を見誤らないためにも、まずはきちんと話を聞きます。

しかし、あることないこと言い訳をします。

「親が死んだ」「財布を落とした」「ガンになった」

貸主が騙されがちな言葉の一部です。

そこで情にほだされてこの嘆願に負けてしまうと、借金を重ねさせてしまう結果となります。

少し待ったところで、そう簡単にこの借金も返せません。

だからこそ、さらなる借金をさせてはいけないということになるのです。

お金の督促はストレスが溜まる作業です。

「払います」と言われてしまうと、その言葉を信じたいとも思ってしまいます。

その気持ちは分かりますが、ここは冷静に「滞納であることの理由」を家主さん側が判断して、お互いが良い方向へ進むようにしましょう。

チタコーポレーションは空室問題・相続問題だけではなく、家賃保証の利用・家賃滞納のご相談も承ります。

お困りの事がございましたら、ぜひご相談ください。